年齢が40歳を越えると、体の内臓機能の衰え等が顕著になってくるといわれています。自覚症状がなにもない人でも年に1回は受診をおすすめします。
対象者
40歳以上の被保険者及び扶養配偶者。
35歳以上40歳未満の被保険者で生活習慣改善指導を希望する者。
健診内容
診察、視力測定、聴力測定、血圧測定、尿検査、血液検査、心電図検査、胸部X線検査、胃部X線検査、便潜血反応検査など(希望者には乳がん、子宮がん検査を実施)
対象者
一般健診を受診する方のうち40歳、50歳になられる方で受診を希望した方。
健診内容
一般健診の内容に眼底検査、肺機能検査、腹部超音波検査などを追加
対象者
40歳以上の偶数年齢の女子被保険者(一般健診、付加健診の中で希望すれば受けられます。)
健診内容
問診、乳がん検査(視診、触診、乳房X線検査)、子宮頸部細胞診
対象者
20歳~38歳の偶数年齢の女子被保険者
健診内容
問診、子宮頸部細胞診