トータル・ヘルス・プロモーション・プランの略称で、労働安全衛生法に基づいた働く人の「心とからだの健康づくり」を目指した運動のことです。少子高齢化、生活習慣病の増加、ストレスの増大などへの積極的な対応が求められている現在、若年から中高年層に至るすべての働く人に対して"心"と"からだ"の両面の健康づくりを目指します。
ねらい 中小規模事業場におけるTHPの実施を4年間支援し、5年目以降の自主的健康づくりを進めていただくためのものです。
内 容 初年度
・健康づくり担当者研修
・事業場実態調査
・生活状況調査
・健康指導
・実践活動
・健康づくり計画作成
2~4年度
・健康測定(定期健康診断結果を活用し、必要な項目を追加)
・健康指導
・実践活動
・THP活動の評価と計画の再確認
対象者 労働者数300人以下で、対象者の定期健康診断結を当該事業に活用できる企業
THPの導入に積極的な企業。
ねらい 経営トップの方に、THPの体験を通じて、事業場内の健康づくりを理解し、導入をご検討いただくためのものです。
内 容 健康づくりに関する講義、健康測定・健康指導・実践活動の体験
対象者
従業員300人以下の企業で、従業員50人以下の事業場の経営者、又は経営者に準ずる方(経営者がその代理として指名した方)