労働者の健康状態の把握と、適切な健康管理が行われるよう、1年に1回の健康診断が義務付けられています。当財団の健診施設はもちろん、事業場さまへ巡回して健康診断を行い、働く人たちの健康をサポートいたします。
ご予約・お申し込み 完全予約制です。ご希望の日時をお知らせください。
予約専用電話番号 052-951-3917(お問合せもこちらにどうぞ)
※お電話受付時間は、 平日8:30~16:00 土曜8:30~11:00です。
事前準備 健康診断当日のご注意・問診票などを約2週間前にご送付いたします。
健康診断当日 巡回 ・ご予約時間の15分前に実施会場へうかがい、設営後に健康診断を開始致します。
施設 ・ご予約の日時に当財団2F受付までお越しください。
結果のお知らせ ご受診後、約3週間でご送付いたします。なお、結果についての説明・健康相談日を設けております。
1 既往歴及び業務歴の調査
2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3 身長・体重・BMI・腹囲・視力及び聴力の検査
4 胸部X線検査及びかくたん検査
5 血圧の測定
6 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
7 貧血検査(赤血球数、血色素量)
8 肝機能検査(AST・ALT・γ-GTP)
9 血中脂質検査(HDLコレステロール・ LDLコレステロール・中性脂肪)
10 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
11 心電図検査
喫煙歴及び服薬歴については、問診等で聴取します。

腹囲を、着衣のまま測定することと、労働者による健診会場での自己測定することが認められています。着衣の上から測定を行った場合は、実測値から1.5cm引いた値を腹囲の検査値とすることができます。

聴力検査は、1,000Hzの30dB及び4,000Hzの40dBで純音を用いて、オージオメーターで検査します。ただし、45歳未満(35歳・40歳を除く)の方の聴力検査は、 医師の判断により他の方法を用いてもよいことになっています。
心電図検査は、安静時標準12誘導心電図を記録します。

医師が必要でないと認める場合に省略できる健康診断項目
・身長:20歳以上の場合。
・腹囲;40歳未満(35歳を除く)の場合、妊娠中の女性その他の者であって、その腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していないと診断された場合、BMIが20未満である場合、BMIが22未満であって、自ら腹囲を申告した場合。
・かくたん検査:胸部X線検査で所見のない場合。
・貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査:
40歳未満(35歳を除く)の場合。

   
※労働者を雇入れる際は、健康診断を行わなければなりません。
(※健康診断項目の省略はできません。)
1 既往歴及び業務歴の調査
2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
3 身長、体重、BMI、腹囲、視力及び聴力の検査
4 胸部X線検査
5 血圧の測定
6 尿検査(尿中の糖及び蛋白の有無の検査)
7 貧血検査(赤血球数、血色素量)
8 肝機能検査(AST・ALT・γ-GTP)
9 血中脂質検査(HDLコレステロール・LDLコレステロール・ 中性脂肪)
10 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
11 心電図検査
喫煙歴及び服薬歴については、問診等で聴取します。
聴力検査は、1,000Hz及び4,000Hzの30dBで純音を用いて、オージオメーターで検査します。
心電図検査は、安静時標準12誘導心電図を記録します。
腹囲の測定方法は、上記定期健康診断と同じです。